日本刀の世界 ~日本の様式美~

日本の伝統文化である日本刀の刀工・刀鍛冶、名刀、刀剣書籍など

【お勧め刀剣書籍】名物刀剣 ー宝物の日本刀ー

日本刀、刀剣に関する書籍とは

日本刀、刀剣に関する書籍は研究書も含めると数多く存在しています。その膨大な書籍の中から、日本刀がお好きな方だけでなく最近興味を持ち始めた方でも楽しめるようなお勧めの書籍を紹介していきます。
まず、本日お勧めするのは『名物刀剣 ー宝物の日本刀ー』です。

名物刀剣 ー宝物の日本刀ー

平成二十三年八月から翌年の二月まで、東京・富山・静岡・愛知にある美術館で開催されていた展示会で展示された刀剣が掲載された書籍となっています。それだけではなく、名物・名刀の銘に関する論文や名物刀剣の説明など事細かに掲載され、日本刀の世界に一気に惹きこまれます。
名物刀剣とは、江戸時代中期、徳川八代将軍吉宗が命じて作らせた『享保名物帳』に記載された刀剣のことを指し、本書籍では享保名物に至る歴史を紐解いています。

掲載されている刀剣たち

名物刀剣に掲載されている刀剣の中で特に目を惹くのは、やはり『太刀 三条 名物 三日月宗近』ではないでしょうか。天下五剣の中で最も美しいといわれた太刀で、享保名物帳では中巻の巻頭に所載されています。
その他、粟田口派の名物刀剣や大阪城落城時に焼失した刀剣なども掲載されています。また、刀剣の写真の他、押形、拵えの写真も掲載されています。

名物帳に記載された歴史を辿る

名物刀剣の巻末には名物帳記載刀剣の比較表があり、豊臣家や本阿弥家他、多くの刀剣名物帳の記載された歴史の比較表が掲載されています。日本刀、刀剣を通して日本の歴史を辿ってみては如何でしょう?

以上が『名物刀剣 ー宝物の日本刀ー』の紹介です。今から六年前に発売された本書籍ですので、ネットや古本屋さんにならあるかもしれませんね。f:id:seiya3939:20171012172459j:plain