日本刀の世界 ~日本の様式美~

日本の伝統文化である日本刀の刀工・刀鍛冶、名刀、刀剣書籍など

【刀剣紹介】大兼光

日本の美、日本刀

まだ腰に刀を差していた時代、日本刀は自分の身を守るためだけではなく拵えの装いや粋な刀装具を周囲に見せ、その刀を差す武士の品格を表していました。また、現代のように自身を彩るものは多くなく、腰に差す刀剣でその人のお洒落さをも表していたといいます。そんな千差万別ある日本刀を紹介していきます。

大兼光

『享保名物帳』所載の太刀です。豊臣秀吉の遺物として、前田利家邸において藤堂高虎が拝領しました。その後、本阿弥光温が「備前国兼光 本阿(花押)」と金象嵌を入れています。おそらくこのときに光温に磨り上げさせたのでしょう。金六十枚の折紙がついたのもこのときでしょう。『享保名物帳』に「不知所有」とあるため、その時からすでに藤堂家にはなかったのでしょう。
戦後、徳川本家から処分されましたが、明治二年改めの同家『御腰物台帳』にも載っていません。その後、同家に入ったことになったのでしょう。
刃長は『名物帳』に二尺七寸九分(約八四・五センチ)とあるが、原尺はもっと長かったので『大兼光』と命名されたわけである。現在は区送りしたとみえ二尺七寸五分五厘(約八三・五センチ)に詰まっている。表裏に刀樋をかき流す。地鉄は大板目肌、映り立つ。刃文は大五の目乱れに小乱れまじり。中心は大磨り上げ、目釘孔一つ。無銘で前述通り金象嵌入り。
現在は重要文化財に指定されています。

参考文献:日本刀大百科事典
写真:刀剣名物帳「大兼光」

f:id:seiya3939:20171025193837j:plain